no image

不倫と離婚の慰謝料

サイトリニューアル中|移転先はこちらから

サイトをリニューアル中です。 お手数おかけしますが、こちらのサイトをご利用ください。 仙台の探偵・浮気調査|総合探偵社シークレットジャパングループ

ReadMore

円満調停

離婚届を提出する前に

夫婦円満調整の調停

かつては人生を共にしようと思った相手との別離。いろいろ考えた末で踏切落としたものの、いざ離婚を切り出した後で気持ちが揺れることもある。また、「借金癖さえなければ」「不倫相手と別れてくれれば」と期待が捨てられない、さらに「悪い所は改めるからやり直したい」などの思いがある場合、夫婦関係について相談する方法はあるだろうか。 冷静に話し合う場を見つける 夫婦とはいっても元は他人ですから、多少のトラブルはどこにでもあるでしょう。 しかし、離婚を考えるまでこじれてしまった関係なら、もはやお互いの気持ちだけでは解決の糸 ...

ReadMore

DV

離婚の基礎知識

DVからの保護

あなたがもし、配偶者から暴力を受けているとしたら、先ずは警察や公的機関に相談することをおすすめします。 そのとき、行政は被害者であるあなたをどんな形で保護し、助けてくれるのだろうか。また、加害者である配偶者に対しては、どんな措置がとられるのだろうか。具体的な保護の内容や、法的措置について知っておくことが大切です。 相談機関では、保護から経済的自立までを支援 DV被害を受けたときの窓口は、各都道府県や市町村に設置された配偶者暴力相談支援センター、福祉事務所などです。 緊急性が高い場合や休日・夜間は、警察に連 ...

ReadMore

暴力

離婚の基礎知識

DV被害と法定離婚事由

離婚理由として、配偶者による暴力(DV)をあげる人は多い。DV は被害者が配偶者に離婚を切り出せない要因にもなり、離婚後も深刻なトラブルにつながることがある。 DVといえば、殴る、蹴るといった身体的な暴力がまず思い浮かぶが、精神的な暴力もDV なのだろうか? 精神的な暴力もDV ドメスティック・バイオレンス(DV)は直訳すると、家庭内暴力。子供が家族に対して振るう暴力と紛らわしいため、配偶者による暴力といい表されています。 圧倒的に多いのは、妻が夫に暴行されるケースですが、近年は夫が被害者になるケースも見 ...

ReadMore

制裁

不倫と離婚の慰謝料

浮気相手への社会的制裁と復讐

  浮気相手に社会的制裁を与える方法 配偶者の浮気相手の存在を知ったら、ショックのあまり配偶者を奪った、不倫相手や浮気相手に社会的制裁を与えたいと思う人は多いです。 しかし、中には感情的になりすぎてしまい、新たなトラブルを引き起こしてしまうこともあります。怒りに任せた復讐は非常に危険で、方法によっては自分が犯罪者になる可能性があります。 浮気相手に正しい対応をしていくためにも、やるべきこと、やってはいけないことをここできちんと知っておきましょう。 ①浮気の事実を相手の会社に報告する 浮気相手の勤 ...

ReadMore

不倫と離婚の慰謝料

未成年者への不倫慰謝料請求

もし、自分の配偶者が未成年者と不倫していたらどうでしょうか。 成人や未成年に関わらず、不倫は許せませんが、現実問題として「不倫の責任」の追及、または「慰謝料の請求」ができるのか?という点が気になるのではないかと思います。 ここでは、現実の問題と照らし合わせてご説明いたします。 不倫は犯罪ではなく不法行為 法律上の「不倫」とは、「配偶者のある人が、配偶者以外の異性と、自由意思で肉体関係をもつこと」を指します。 簡単な確認になりますが、犯罪の定義について簡単に触れておくと、ある行為に対して法律で刑罰を科すこと ...

ReadMore

再婚

離婚と子ども

女性の再婚禁止期間

厚生労働省による平成28年度の人口動態統計における婚姻に関する統計によると、夫側では30代前半までに離婚した男性が離婚後5年以内に再婚をした割合は35%を超えています。 一方、妻側は20代のうちに離婚した方が離婚した年次を含む離婚後5年以内に再婚をした割合は3割を超えており、夫側も妻側も約3割の人が5年以内に再婚していることがわかります。 女性には再婚禁止期間がある 男性の場合には、離婚した翌日であっても再婚することが可能です。一方、女性の場合、離婚してから一定期間は再婚が認められない再婚禁止期間がありま ...

ReadMore

手続き

離婚後の戸籍と新生活

離婚後の各種申請手続き

  離婚後の各種変更手続き 離婚が成立すると、戸籍や姓が変わることから様々な手続きが必要となります。 ここでは、離婚後の手続きを忘れてしまわないように、代表的なものを簡単にまとめました。 健康保険・年金の変更 配偶者の扶養家族として健康保険や厚生年金・共済組合に加入していた人は、自分で健康保険に加入し、国民年金の種別変更をする必要があります。 国民健康保険に加入するには、市区町村役場に、それまでの健康保険の資格喪失証明書を提出します。国民年金の種別変更は、国民健康保険の手続きと同時に行います。 ...

ReadMore

TERA

離婚の手続き

協議以外の離婚方法

夫婦間同士の協議で離婚の同意が得られなかった場合には、「調停離婚」「審判離婚」「和解離婚」「裁判離婚」の4つの選択肢があります。 ここでは4つの離婚の方式について、それぞれご紹介いたします。 調停による離婚成立が調停離婚 夫婦間での協議だけでは離婚に関する諸問題の合意に至らず、調停での話し合いによって離婚を成立させる場合があります。 つまり、調停の期日に調停合意という形で離婚成立させる方法ですが、これを調停離婚といいます。 [blogcard url="https://secretjapantohoku. ...

ReadMore

調停の申し立てと流れ

離婚の手続き

調停の申し立てと流れ

離婚が成立するまでの プロセスは、あくまでも夫婦間の話し合いが基本となっています。 実際のところ、離婚全体の約9割が夫婦での話し合いによる離婚いわゆる協議離婚という形態となっています。 ここではで夫婦間の話し合いが行き詰まった場合の対処方法として、調停の進め方についてご説明いたします。 調停の基本は話し合いを進めること 離婚についての様々な取り決めは、あくまでも夫婦の話し合いが原則です。 しかし、夫婦二人の話し合いだけでは、離婚自体もしくは親権者・養育費・財産分与・慰謝料などの条件面での合意ができず、なか ...

ReadMore

ストーカー対策について

 

ストーカー被害の現状

警察に寄せられるストーカー相談の件数と現状はご存知でしょうか。

警察に寄せられるストーカー事案の相談件数は、平成29年において年間23,079件となっています。

平成12年に「ストーカー規制法」が施行されていますが、相談件数は増加傾向にあり、さらに平成29年の相談件数が過去最多を更新しています。

また、近年では、インターネット上でのストーカー行為も急増しており、平成28年にはネット上での嫌がらせ行為を規制するストーカー規制改定案が可決されました。

しかしながら、そうした中、警視庁の「刑法・特別法の適応」や「ストーカー規制法違反」による検挙率平成28年が11.8%、平成29年が11.3%に留まっており、問題解決の難しさを物語っています。

ストーカー年間相談件数

引用元:警視庁「ストーカー事案の概況」

ストーカー行為とは

ストーカー行為についての定義は「ストーカー行為等の規制に関する法律」(平成12年制定)に記載されています。

恋愛感情や好意の感情が満たされないことにより、つきまとい等の行為を行い、これを連続して行うことがストーカー行為です。

この行為を行う者がストーカーとなります。具体的には以下のようになります。

(1)つきまとい等

つきまとい、待ち伏せ、押し掛け、うろつき
相手を尾行する、待ち伏せする、進路に立ちふさがる、家・勤務先・学校に押し掛けたり、見張ったりむやみにうろつくこと

監視していると告げる行為
相手の装いや行動内容を、メールや手紙などで伝えて、監視していることに気付かせること

面会、交際の要求
相手に、面会、交際や復縁を迫ったり、贈り物を受け取るよう強要したりすること

乱暴な言動など
家の前で大声を出す、クラクションを鳴らす、「死ね」と発言するなど乱暴な言動をすること

無言電話、連続した電話、メール、FAXの送りつけ、SNSへの書き込み
相手への度重なる電話、メール、FAXの送信、相手のSNSなどへのコメント書き込み行為を繰り返すこと

汚物などの送付
汚物や動物の死体などを家や会社に送る行為

性的羞恥心の侵害
卑わいな電話や手紙を送る、わいせつな写真を家や職場に送りつけること

(2)ストーカー行為

ストーカー行為とは、同一の人に対して、上記の「つきまとい等」の行為を繰り返して行うことをいいます。

行為が1度だけの場合は、ストーカー規制法が定義する「ストーカー行為」にはあたりません。

それに加えて、メールの送信などについては、繰り返すことに加えて、身体の安全や住居の平穏、名誉が害されるような方法で行われた場合といった一定の条件が付されています。

ストーカー行為への対策

(1)警告の申出

「つきまとい等」を繰り返しているストーカーに対しては、警察に警告の申出を行うことができます。

警告の申出とは、警察から当該人物に対して行為をやめるように警告してもらうことです。

行為者(加害者)が警告に従わず「つきまとい等」をやめない場合は、都道府県公安委員会が加害者に対してストーカー行為の禁止命令を行います。

さらに禁止命令に違反した場合、加害者には刑罰が科されます。1年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

(2)告訴

ストーカー被害にあっている場合は、警告の申出ではなく、相手(加害者)を「告訴」することも可能です。

告訴を行わなければ加害者が刑罰を受けることもない(「親告罪」)ため、告訴か警告の申出は必須の手続きとも言えます。

告訴によって罪が確定した場合の刑罰は、6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

(3)警察本部長等による援助

ストーカーの被害者が被害を申告し、つきまとい等が繰り返されるおそれがあると認められた場合には、加害者は警察本部長などから、「つきまとい等の行為を繰り返してはいけない」という警告を受けることがあります。

警告する際は、加害者に警告書を渡すのが原則ですが、緊急の場合は後から書面が渡されることもあります。

東北のストーカー対策・証拠収集

ここまで、ストーカー行為者に対して取れる対策を記載してきました。

しかし、どこの誰から被害を受けているのか相手がはっきりしていない場合、対象が確定していないために警察も警告することができません。

当然、被害者も告訴を行うことができません。ここにストーカー被害の問題があります。

結局、「証拠不足」では、警察では何も対策が取れないのです。

「証拠の収集」には探偵の調査は非常に有効です。証拠が揃うことで警察や弁護士に相談することができます。

ストーカーされている証拠を集めるのは簡単ではありませんが、実は加害者を特定するのは難しくない場合もあります。

ストーカーの加害者を調べてみると、交際相手(元を含む)が6割知人友人が2割を占めるなど、実は、ご相談者様の顔見知りである可能性が非常に高いです。

ストーカーは一度行為に及ぶと、徐々に嫌がらせをエスカレートする傾向にあります。大変危険ですので、早い段階での相談をご検討ください。

ストーカーにお悩みの方がいらっしゃいましたら、「総合探偵社シークレットジャパン東北本部」までお気軽にご相談ください。

 

総合探偵社シークレットジャパン

 

更新日:

Copyright© 仙台探偵|浮気調査なら【定額料金制】シークレットジャパン東北本部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.